バストアップとアンチエイジング

バストアップはアンチエイジングに密接に関係しています。 加齢と共に胸が垂れてきた気がしませんか? 出産後に形が悪くなった気がしませんか?

バストは油断をすればすぐにだらしなく垂れてしまいます。 普段のケアや食生活に気をつけないと、ハリや弾力がなくなってしまいます。 それと共にバストトップの位置が下がり大きく胸が垂れてくるのです。

胸が垂れる原因は体に合わないブラジャーをつけることでも起こりますが、 やはり一番の原因はバストのお手入れをしないことによる衰えが一番の原因です。

エストロゲンと言う女性ホルモンは卵巣で作られます。 加齢により卵巣機能が衰えるとエストロゲンの分泌が少なくなり、胸にも影響が出てきます。

何も気にかけなければもちろん卵巣機能は低下します。 そして女性ホルモンも減少するため、バストアップができなくなります。

バストアップが思うように行かなかった経験のある方に思い返していただくと分かるように、 バストアップに励むときに生活習慣に気を使う方は少なかったと思います。

バストのマッサージやストレッチなどがよく言われるバストアップ方ですが、 マッサージをする前に女性ホルモンを多く分泌させることが必要になります。

女性ホルモンの分泌を多くするには卵巣を元気に保つことが第一条件です。 卵巣は冷えによる影響を大変受けやすい臓器です。 体が冷えると卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌が衰えます。

次にストレスをためないことも重要です。 ストレスは様々なホルモンと関係しており、頑張りすぎるのもよくありません。 嬉しいことがあるとき脳内で分泌されるドーパミンやセロトニンは、 卵巣機能を高める効果もありますので快適に過ごすことも重要です。

食生活の面から見ると、化学物質をなるべく摂取しないこと。 ジャンクフードに多く含まれる食品添加物や防腐剤などは体に良い影響をもたらしません。

不要なものはなるべく摂取することを避けましょう。 そして最後にエクササイズやツボ押しを行い体内の老廃物を排除することで、 卵巣機能の向上、つまりは女性ホルモンの分泌を促すことができます。

卵巣を元気に保つことで女性ホルモンが活性化します。 ホルモンの作用を上手に使ってバストアップとアンチエイジングを行ってくださいね。

メニュー

ページの先頭へ